屋島総合病院



  診療日程表
   
 
午前
手術 斉藤 平井

斉藤

植田
午後
診察あり 緩和ケア外来 乳腺外来 診察あり ヘルニア外来 植田

  スタッフ紹介
     
  ・ 医師  
    平井・斉藤・植田  
     

 医師紹介
  平井 俊一(男性):部長
   ・卒業年

:昭和56年

   ・専門領域 :外科全般、消化器外科
   ・専門医
     
     
  斉藤 誠(男性):病院長補佐
   ・卒業年 :平成元年
   ・専門領域 :外科全般、消化器外科(内視鏡手術)、乳腺外科
   ・専門医 :日本外科学会ー外科認定医、外科専門医
     日本消化器外科学会ー消化器外科認定医、消化器外科専門医
           消化器外科学会指導医、消化器がん外科治療認定医
     マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 認定検診マンモグラフィ読影医師
     日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本静脈経腸栄養学会認定医
     日本乳癌学会乳腺認定医
     
     
  植田 宏治(男性)(医学博士):部長
   ・卒業年 :平成7年
   ・専門領域 :外科全般、消化器外科
   ・専門医 :日本外科学会ー外科認定医、外科専門医
   

 日本消化器外科学会ー消化器外科指導医、消化器外科専門医
           消化器がん外科治療認定医

     マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 認定検診マンモグラフィ読影医師
     インフェクションコントロールドクター(Infection Control Doctor:ICD)
     
     

 診療内容
 

 当外科は一般外科をはじめ、上記3名の医師スタッフでそれぞれ専門性を生かしながら、消化器外科をはじめ呼吸器外科、血管外科など外科全般にわたって診療を行っております。
 卒業年度を見てお分かりいただけるかと思いますが、同じ世代が固まっていないのが特徴です。平井部長以下、基本的な技術を踏襲しながらそれに固執せず、意見交換しながら常に新しい技術を柔軟に取り入れて診療を行っており、バランスのとれたチーム医療を行うことが出来ています。
 消化器外科領域では 最近内視鏡下手術に力を入れており、胆石症の手術に対しては単孔式手術(お臍の部分を約2cm切ってその孔だけで行う腹腔鏡手術)を行い、また結腸切除や胃切除に対しても積極的に腹腔鏡補助下手術を導入しています。
 悪性疾患に対しては原則として各種診療ガイドラインに基づいて治療を行い、外科治療のみならず抗癌剤による化学療法など、疾患の状況に合わせた集学的治療を行っています。 なるべく通院で治療できるように外来化学療法室(5床)も整備し、看護スタッフの協力を得ながら患者さんに快適な治療環境を提供しています。
 内痔核に対しては、メスで痔核を切ることなく薬剤(ALTA)を注射で痔核内に投与する治療法を取り入れています。治療にあたっては特殊な投与技術が必要なため、決められた手技の講習会を受講した専門医でなければ治療を行えませんが、3名の医師が講習を受講済であり、いつ患者さんが来られても対応できる体制となっています。通常の方法と比べて痛みや出血が少なく、治療期間も短い(場合によっては局所麻酔で日帰り治療が可能)ため、患者さんの身体的・精神的負担が軽減されます 。
 患者さんに、より質の高い医療をご提供できるように努力しております。

   
 


 当科で診療することの多い疾患について
  ・ 鼠径ヘルニア

  ・ 内痔核・直腸粘膜脱に対する先進医療「PPH法」について

  ・ 乳がん検診について

  ・ 乳がん検診を受けられる方へ

 

 
▲TOP▲