屋島総合病院

考えてみよう! TPPのこと
産婦人科

 診療日程
   
 
午前
吉良 河西 河西 手術 河西
午後
吉良 河西
特殊検査
手術 河西

 スタッフ紹介 
  ・ 医師  
    河西
  吉良(非常勤)
   
  ・ 看護師
    太田
   
  ・ 助産師
    東
   
  ・ 薬剤師
    香西(妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師)
     妊娠とお薬に関しての相談を担当しています。 詳しくは→こちら
   
  ・ 受付
    朝倉

 医師紹介
  河西 邦浩(男性)(医学博士):部長
   ・卒業年 :平成2年
   ・専門領域 :女性ヘルスケア、骨盤臓器脱(子宮脱など)、産婦人科疾患全般
   ・専門医 :日本産科婦人科学会認定医、母性保護法指定医、がん治療認定医
 女性ヘルスケア専門医
   ・所属学会 :日本産科婦人科学会、日本骨盤底医学学会、日本骨盤臓器脱手術学会
 日本産婦人科内視鏡学会、日本女性医学学会、日本女性心身医学学会
 日本癌学会、日本癌治療学会、女性スポーツ医学研究会
   
   
   
  吉良 正道(男性):非常勤医
   ・卒業年 :昭和49年
   ・専門領域 :産婦人科疾患全般
   ・専門医 :日本産科婦人科学会認定医、母性保護法指定医
     
   

 
診療内容
  ・ 特色・症例数・治療
   

産科
オーソドックスな妊娠、分娩の診療をしています。年間の分娩件数は約180件。分娩は自然分娩が原則ですが、 母児の安全を考え帝王切開を勧める場合もあります。 未熟児は小児科専門医が管理しています。先天性の難聴を調べる新生児聴覚検査(自動ABR)を導入しています。その他、詳しくは下記の産科のご案内をご参照ください。


婦人科
年間の手術件数は約190件。低侵襲の腹腔鏡手術をはじめ、開腹手術では手術創の美容に形成処置を行っています 骨盤臓器脱(子宮脱など)、子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症などの良性疾患手術、 子宮癌、卵巣癌など悪性疾患の手術、化学療法を行っています。

女性ヘルスケア
月経痛、月経不順、更年期障害、骨粗鬆症、脂質代謝異常などの疾患には血液検査、骨密度測定などの検査を行い、 必要に応じてホルモン補充療法、漢方治療、骨粗鬆症治療などを行っています。 女性アスリートのヘルスケア 子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌の健診を随時行っています。

       
  ・ 医療設備
     腹腔鏡 子宮鏡 骨密度検査 産婦人科専用超音波機器など
     
  ・ 骨盤臓器脱とは
     子宮、膀胱、直腸、膣など骨盤臓器が徐々に下がってきて膣口から脱出する状態を骨盤臓器脱と呼びます。出産や加齢などにより、骨盤底の筋肉がゆるみ支持組織が損傷されることが原因と考えられています。脱出の程度は軽症から完全脱まで様々です。

・どんな人がなりやすいですか?
 経膣分娩の経験や加齢に加え、慢性的な咳や便秘を繰り返す人、重いものを持つ作業が多い人、肥満の人など。80歳になるまでに約1割の人に症状が現れるとの報告もあります。

・症状
 膣の中に物が挟まった様な違和感。膣からピンポン玉のようなものを触れる。尿や便が出しにくい。脱出部位がすれて出血する。完全に臓器が脱出して歩行しづらいなど。

・治療
 薬で治療することはできません。原則は手術です。手術以外では、軽度な場合には骨盤体操で軽減する場合があります。また、器具(リングペッサリーやサポート下着)により症状が改善する場合もありますが、根本的な治療ではありません。 術式として膣式子宮摘出術及び膣会陰形成術(子宮を摘出し、膣壁を一部切除し、膣を支えている組織を補強する方法)、膣閉鎖術(合併症のある高齢者に行うことが多い)、緩んだ支持組織の代わりに人工繊維を用いて補強する経膣メッシュ手術(TVM手術)などがあります。いずれも膣式で行うので傷は目立ちません。2日以内には歩行は可能です。 全身麻酔下(麻酔医が行います)、入院期間は10日程度です。

・最後に
 骨盤臓器脱は基本的には命にかかわる疾患ではありません。したがって患者さんが、その状態で不自由していなければ治療する必要はありません。しかし上記のような不快な症状で生活の質が低下している場合には、何らかの治療を考慮されるといいでしょう。
     


 ◎「産科医療補償制度」の登録について
  ・大切な子どもを守るために
 
イメージ
 お産の現場では、赤ちゃんが健康で元気に生まれてくるために、医師や助産師などがたいへんな努力をしていますが、それでも予期せぬ出来事が起こってしまうことがあります。
 そこで、万が一分娩に関連して生まれた赤ちゃんが重度の脳性麻痺になった場合、その赤ちゃんやご家族を出産後も引き続きサポートしていくために「産科医療補償制度」が厚生労働省主導のもと創設されました。当院は、妊産婦の皆様が安心して産科医療を受けられるように、この制度に加入しています。
  ・「登録証」記入のお願い
   妊産婦の皆様に、この制度の「登録証」を交付しますので、必要事項の記載をお願いします。なお、この制度に関する金銭的な負担は生じません。
 また交付された「登録証」は、母子健康手帳にはさみこむなどして大切に保管して下さい。
登録証記入イメージ
  ※この制度に登録されていない方につきましては、当院で分娩できない場合があります。ご了承下さい。なお、「産科医療補償制度」についてはこちらより詳しい情報がご覧頂けます

 
▲TOP▲