屋島総合病院

考えてみよう! TPPのこと
耳鼻咽喉科

 診療日程
   
 
午前
合田 中林 合田 中林 合田 中林 合田 中林 合田 中林
午後
補聴器
外来
(予約)
中林 合田
手術 検査・処置 手術

  スタッフ紹介
  ・ 医師   
    合田・中林
   
  ・ 看護師
    宮竹・多田
   
  ・ 受付・助手
    内海

 医師紹介
合田 正和(男性)(医学博士):部長
   ・卒業年
   ・専門領域 :耳鼻咽喉科全般
   ・専門医 :耳鼻咽喉科専門医
     補聴器相談医
     耳鼻咽喉科専門研修指導医
     がん治療認定医
     日本めまい平衡医学会認定めまい相談医
     
  中林 えみ(女性):医員
   ・卒業年 :平成25年
   ・専門領域 :耳鼻咽喉科全般
   ・専門医
     
   

 ・当科の特色
 

 当院では耳鼻咽喉科専門医として、広く耳鼻咽喉科一般の疾患を扱うように心がけております。当科の特色としては、めまい疾患の診断と治療、侵襲の少ない鼻内内視鏡手術、嚥下内視鏡や嚥下造影検査による嚥下機能評価とリハビリ指導、睡眠時無呼吸検査、顔面神経麻痺のリハビリテーション、補聴器相談などに力を入れております。
 2011年8月より1名体制から2名体制へ増員となりました。さらに地域医療へ貢献できるように体制を整えたいと思っています。

     

 診療内容
  ・ 耳鼻咽喉科とは
       現代の耳鼻咽喉科は耳、鼻、のどの科ではなく、頭頸部の感覚運動医学、機能再建外科、頭頸部腫瘍外科を担当する科となっています。感覚では聴覚、平衡覚、味覚・嗅覚などを、運動機能では音声・言語、咀嚼・嚥下、顔面運動を耳鼻咽喉科が扱っております。感覚と運動機能の異常に対して内科的、リハビリ的治療に加え、同時に聴力改善手術、音声外科などの機能再建外科による治療も行っています。さらに、耳鼻咽喉科は頭頸部の腫瘍の手術も行っています。アレルギー性鼻炎に加え、頭頸部には耳下腺のジェーグレン症候群、甲状腺の橋本病などの自己免疫疾患も発症します。頭頸部のアレルギー疾患の診断と治療も耳鼻咽喉科の担当範囲です。
   
  ・顔面神経麻痺のリハビリテーションについて
     

 末梢性顔面神経麻痺は比較的予後が良い疾患ですが、後遺症に苦しむ患者さんが存在します。一般的に初期治療はステロイドの点滴や内服加療が行われます。当院ではこの初期治療に加え、リハビリテーション指導を行っています。リハビリテーションの目的は顔面神経麻痺後遺症の予防です。顔面神経麻痺後遺症には、顔面拘縮や病的共同運動が存在します。発症すると治療困難なので、予防目的のリハビリテーションを指導しています。入院治療の場合は療法士による指導も行っています。

       

 
 過去にご紹介したTopics
  ・ 補聴器のお話:増田 博範医師

  ・ めまいの原因を探る、めまいを治す:関根 和教医師


 
▲TOP▲