屋島総合病院


内視鏡センター・超音波検査室

 業務とスタッフの紹介
  【内視鏡センター】
  ・ スタッフ紹介
 

室 長:松岡裕士(内科)
内視鏡指導医2名、内視鏡専門医5名(うち非常勤3名)
その他、消化器内科および一般内科医師数名で検査を担当しています。
また看護師5名(認定消化器内視鏡技師1名)と看護助手1名 事務1名がスタッフとして常駐しています。

 
   
  ・ 業務内容
  ○内視鏡検査○
 ★内視鏡を使ってこんな所が観察できます。
 

上部消化管(食道・胃・十二指腸)
下部消化管(直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸・盲腸・小腸末端)
また、胆管や膵管などの造影検査も内視鏡を用いて行います。

 
 ★内視鏡を用いてさまざまな部位の診断や治療を行います。
 

<診断>直接臓器の粘膜を見て診断するだけでなく、必要時は生検と言って組織を採取して病理学的にも診断します。(ピロリ菌の検査もできます)

<治療>潰瘍や静脈瘤に対する止血術、誤飲などに対する異物除去術、ポリペクトミー、粘膜切除術、粘膜下剥離切開術、胃瘻造設術、十二指腸乳頭切開術などの種々の手技を行っています。
 

 当院では、上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)、大腸内視鏡検査、超音波内視鏡検査、内視鏡的逆行性膵胆管造影など様々な内視鏡検査を行っています。
ここでは、一般的な上部消化管内視鏡検査と大腸内視鏡検査についてお話させていただきます。
消化管の検査として広く普及しており、最近では多くの方が経験された事があるのではないでしょうか。またはテレビなどで検査風景を見た事があると思います。
 検査は先端にカメラのついた***程の太さの管(スコープ)を口または肛門から挿入し、食道、胃、十二指腸、大腸などを観察します。検査時には胃や大腸の中に何もない状態が最適ですので、検査前には食事を控えてもらったり、下剤を飲んでもらったりする必要があります。
(これは避けられませんのでお腹はすくかもしれませんがご協力をお願いします。)
検査時は痛みや反射が少なくなるように部分的に麻酔をかけてスコープを進めていき、検査をする医師は消化管の粘膜の様子やポリープなどがないか、などに注目して観察しています。
内視鏡検査の利点の一つに観察をしながら組織の一部を採取できる点があります。それによって検査中に気になった部分の組織の状態を顕微鏡で診断することができ、ヘリコバクターピロリという胃潰瘍と関連した菌がいるかどうかもわかります。
通常はこのようにして検査を進めていますが、内視鏡を使いながら治療を行うこともできます。
ポリープを取り除く、消化管出血を止める、誤飲した物を取り出すなどなど。
スコープの届くところであれば様々な使い方ができます。
 尚、当院は2017年11月に新病院に移転し新しい環境にて検査を受けることが出来ます。
鎮静剤を使用した方は、センター内の回復室で休んで頂けるようになりました。
また、大腸内視鏡検査のための腸管洗浄液をセンター内(前処置室)で内服することも可能になりました。

     
 
<上部内視鏡前処置室>
回復室>
 
 
<内視鏡TV透視室>

   
  <これから受診される方へ>
   内視鏡検査は予約制となっており、各科外来を受診して、予約をとっていただくようになっています。しかし、緊急性があり医師の指示があると当日に検査することも可能です。腹痛などの腹部症状があって受診される方は、念のために食事をせずにおいで下さい。(病状、検査予約状況でどうしても検査が出来ない場合もあります。そのときはご了承下さい)
   
  <内視鏡検査を受けられる方へ>
 

 以前に受けた内視鏡が苦しくて、「もうコリゴリ」という方には、鎮静剤を使用して半分眠った状態で検査することができます。その場合、検査当日の自動車、バイク、自転車などの運転をご遠慮願っています。鎮静剤の使用を希望される方は、付き添いの方の運転か、公共の交通機関にておいで下さい。(医師の指示によりますが、病状や身体機能などで鎮静が不可能な場合もあります)尚、2018年4月以降、健診・人間ドッグの上部消化管内視鏡は鎮静剤使用での検査はできなくなりました。
 その他、当院で検査を受ける際に不明な点がございましたら、どうぞお気軽にスタッフにご相談ください。

   
   
  【超音波検査室】
 現在の医療では、体の中の様子をCT検査、MRI検査、超音波検査(エコー検査)などを用いて「複数枚の絵」として知ることができます。CT検査ではX線、MRI検査では磁気を利用して画像を作っており、超音波検査では文字通り超音波を利用しています。これは魚群探知機と原理は同じです。

 それでは超音波って何かご存じでしょうか?
 人が聞くことのできる音は20〜20,000Hz(波の数が1秒間に20〜20,000あること)と言われています。実際に使用する超音波検査の機械はこの波の数が1,000〜10万倍近くあり、「人が聞くことを目的としない音」です。探触子(プローブ)という道具を使ってこの音を体の中に発射するといろんな組織で反射していろんな強さの音が戻ってきます。これをまた探触子で受信して一枚の絵に表現します。超音波装置は、音の強さ(テレビやラジカセで言うとボリューム)を必要最低限に設定しているため、体にはほとんど影響がありません。ただし、骨のように硬いものや空気は観察できません(ですから骨に囲まれた部分や、肺、腸管などは苦手な検査ですが、体の中の状態によっては見えることもあります)。

 それでは、実際に何が見えるのでしょうか?
 よく検査が行われるのは、心臓、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、乳腺、甲状腺などがあります。(おなかのなかの赤ちゃんも見えます。)心臓では、形、動き方などを観察し、血液を送り出す機能などを検査します。ほかの臓器では形、大きさ、腫瘍や結石などの有無を見ています。また当院超音波検査室では首・手・足などの血管の中の様子もみており、動脈硬化の評価や下肢静脈瘤の治療方針の決定にも多く用いられています。他にも虫垂炎(いわゆる盲腸)の炎症の強さを観察し、手術が必要かそうでないかを判断しています。まだまだ他にも体の中の情報をたくさん得ることができます。

 検査の時は、見たい部分の肌を出していただき、そして皮膚と探触子の間に空気が入らないように超音波用ゼリーを塗り、探触子をあてて検査をします。そんなに痛みはない検査ですが、くすぐったがり屋さんにはちょっと大変かもしれません・・・。(検査風景の写真)
 当院超音波検査室では、医師、認定超音波検査士が検査に携わり、精度の高い検査結果が提供できるよう努力しています。超音波検査について不明な点がございましたら、どうぞお気軽にスタッフにご相談ください。

 
 


<サイトマップ>
▲TOP▲