屋島総合病院

腎センター

 当施設の紹介
 
 当院腎センターは透析を行う患者様に適切な透析を受けていただく為に、医師や看護師・臨床工学技士・栄養士などの多数の医療スタッフが関わっています。入院・外来患者様の導入時の透析から維持透析、血液浄化に関連した治療全般を行っています。他院で血液透析を受けられている方で、高松へ観光旅行・里帰り、他科で入院・手術・検査が必用な方の血液透析も随時行っています。
 
腎センター出入り口
患者様待合室
  ・ 腎センタースタッフ
   泌尿器科医師2名 看護師4名 臨床工学技士4名の計10名体制にて透析治療を行っています。
   
  ・ 透析治療時刻
 当院腎センターでは月水金では午前・午後の2回透析。火木土では午前透析で治療を行っております。
透析クール
午前透析
午後透析
     
   
・ フロアの紹介
 2016年11月に新築移転を行い、腎センターは5床増加し20床となりました。
 ベッド間隔も広くとれ、感染症等に対応するための個室も1室から2室に増床しました。
 
 
透析フロア
  ・ 透析治療の選択
 当院腎センターは透析液供給装置・透析用監視装置など治療に関わる装置はすべて一新され、とても清浄度の高い透析液で治療を行っています。そのため、通常の血液透析以外にも透析治療の選択としてオンラインHDF(血液透析濾過)やIHDF(間欠的血液透析濾過)にも対応し患者様の体調・病態に合わせた治療を行う事ができます。
 

当施設でのオンラインHDFの様子
・オンラインHDF
   透析では皮膚の掻痒感や透析アミロイドーシスによる関節痛など様々な合併症を起こすことがあります。しかし、原因となる物質は従来の透析では除去しにくいため、HDFによって積極的に除去し、合併症を抑える治療方法です。
   
  ・IHDF(間欠的血液透析濾過)
 透析中、回路内に補液を行うプログラムを設定し4時間の間、補液・除水を繰り返しながら治療を行う事で、従来の透析よりも血圧低下等のリスクを抑える治療方法です。
 
 
 




<サイトマップ>
▲TOP▲