屋島総合病院

 第15回院内学術講演会を開催しました

 令和元年6月27日(木)、当院2階講堂にて地域のみなさまを対象とした「第15回院内学術講演会」を開催いたしました。

 はじめに、病院長補佐・循環器内科部長の岩部明弘が「不整脈のお話」、続いて、救急看護認定看護師の石原詩野が「一次救命処置とAED」と題して講演いたしました。

 当日は120名近くの参加があり、特に訓練用人形・AEDを使った一次救命処置の実技では、皆さま関心を寄せられていました。

 参加者の方からは「初めての受講でしたが、とても分かりやすかった」「救命の実演とても参考になりました」「毎回楽しみにしています」などの声が寄せられました。

 

<受講者さまアンケートからの質問・ご要望へのご回答>
・テーブルが少なかったと思います。メモを取ろうにも取れない。
 →今年度は毎回100名を超える参加者があり、少しでも多くの方に受講していただけるよう机席を減らし、椅子席を多く設けることとしました。なお、椅子席には資料と一緒に筆記板をご用意いたしておりますのでご活用ください。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

・講演会の時間を30分ではなく、せめて1時間程度の内容が欲しかった。
 →講演時間につきましては、受講者さまが興味深く集中して受講して頂けるよう1演題30分程度としております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

*地域のみなさまを対象に、医師や医療従事者が医療・健康について分かりやすく解説する「院内学術講演会」を毎月1回(2演題) 開催しております。
みなさまお誘い合わせの上、ご来院いただけますようお願い申し上げます。

 
<サイトマップ>
▲TOP▲