topics2.gif

 

眼科:田中 和代

 流行性角結膜炎(俗称 はやり目)は、ウイルスによって起こる結膜炎であり、感染性が強く、

感染した人の手や涙から接触感染します。

 症状は、まず白目が赤くなり、“めやに”や涙が出たり、さらにまぶたが腫れ、コロコロ感がでたり

します。1〜2週間で自然に治る場合が多いですが、細菌の二次感染を防ぐために抗生剤の目薬をさす

ことをおすすめします。

 感染性が強いため、手は流水と石鹸でよく洗い、家族の方とタオル等は別にして下さい。また、仕事

や学校も医師の許可がでるまでお休みして下さい。

 後遺症として、黒目(角膜)に小さなにごりがでてくる場合があります。視力が落ちたと感じたら、

すぐに眼科受診して下さい。

 最後に,今年の夏は暑くなりそうなので、プール等に行く機会が多いと思われますが,この夏を楽し

むためにも、はやり目にご用心ください。


眼科のページ